丈夫で長持ちする「木の家」をつくります

草野鉄男建築工房さんと荒木建築さんとTSウッドハウス協同組合さんとの連携した家造り、日々の生活をつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

和田さんが来られました

土曜日 日曜日とTSウッドの和田善行さんが我が家を見に来られました。
和田さんは 私の中では憧れの方で 前々からお会いできるのを楽しみにしていました。
実際に お話しをさせていただきましたが とても優しく丁寧に説明していただき 何時間でも
たくさんのお話しを聞いていたかったです。
大変 貴重な時間を過ごせて幸せでした。またお会いできることを楽しみにしたいと思います。
和田さん 2日間どうもありがとうございました。

和田さんの記事が「職人がつくる木の家」に掲載されていますので ぜひご覧下さい。
http://kino-ie.net/interview_191.html

スポンサーサイト

PageTop

進んでいます

毎日 天気に恵まれて 外壁工事が進んでいます。

DSCN0402_193.jpg
素晴らしい赤身に惚れ惚れします。

DSCN0405_196.jpg
夕日があたると 更に綺麗です。

DSCN0407_198.jpg
2階の床が貼られました。3cmの杉板を貼り1階の天井の仕上げとなります。

毎日 現場に行くのが楽しみです。

PageTop

外壁工事はじまりました

建て方の次に楽しみにしていた外壁工事がはじまりました。
TSウッドさんの無垢の杉板を使用しています。
張り方は全面 杉板突付け竪張りで 板と板の間に押縁を付けます。
大変 手間のかかる作業になります。

DSCN0397_188.jpg
赤身の美しい杉板です。

DSCN0398_189.jpg
一枚一枚 丁寧に貼り付けておられました。

室内は電気の配線工事が進んでいます。

PageTop

どんどん進みます

天候が悪い中 瓦葺きが進んでいます。
昔からある 黒の瓦です。
DSCN0380_171.jpg

DSCN0378_169.jpg
サッシの取り付けもはじまりました。

DSCN0381_172.jpg
どんどん進み楽しみです。



PageTop

建て方を終えて

建て方が終わった次の日はとても快晴でした。
旦那と現場に行き ずっと上を見上げていました。

DSCN0373_164.jpg
野地板がとても美しいです。
我が家は全ての野地板が見えるようになっています。
この美しい野地板を見て生活ができます。
まだ床が貼られていないので 全体が見渡せて感動極まりないです。
何度見ても飽きず 幸せでなりませんでした。

草野さんをはじめ 荒木建築の皆様 素晴らしい材木を提供して下さった
TSウッドハウス共同組合の皆様 本当にありがとうございました。
感謝の気持ちをどう 言葉に表せばいいのかわからないのですが 私達家族は幸せいっぱいであります。
本当に 本当に ありがとうございました。
こらから どんどん出来上がっていく過程を楽しみにしておりますので 今後ともよろしくお願いいたします。 

PageTop

建て方3日目 午後の部

午後からは 空が明るくなると雨がやみ また少し降るような感じでした。

DSCN0343_134.jpg

DSCN0344_135.jpg
どんどん 野地板が貼られていきます。

なんとか 屋根の下地が終わり 板金屋さんが来られアスファルトルーフィイングまで終わりました。
雨もやみ 上棟式 餅まきを迎えることができました。

DSCN0352_143.jpg
棟梁による上棟式がはじまりました。感無量で 胸が込上げました。
素晴らしい棟梁の式は無事に終わりました。

その後 いよいよ 餅まきです。
おひねりとお餅とお菓子をまきました。
DSCN0354_145.jpg

DSCN0361_152.jpg

DSCN0366_157.jpg
手前には子供達が大喜びで拾っていました。
お餅がぶつかるのが なんだか痛々しかったですが とても楽しい餅まきができました。
餅まきをやって本当によかったです。
ぜひとも 機会があれば していただきたいです。
子供達の心の中に残り 伝えてくれたら嬉しいです。
夕方の忙しい中に来て下さった皆様 本当にありがとうございました。

おかげ様で3日間 無事に建て方が終わることができました。
皆様 お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

PageTop

建て方3日目 午前の部

残念ながら朝から どしゃぶりの雨になりました。
雨が弱くなるまで 少し作業を遅らせました。

DSCN0340_131.jpg
雨の中 作業が大変そうでした。

DSCN0342_133.jpg
化粧の野地板が上がりました。皆さんずぶ濡れで作業をされて 午前中の作業が終わりました。


PageTop

建て方2日目 午後の部

DSCN0300_091.jpg

DSCN0302_093.jpg
午後からは 我が家の顔 牛梁が上がります。

DSCN0307_098.jpg
空に舞い上がり上まで きました。

DSCN0311_102.jpg
牛梁もたたかせていただきました。
高さがかなりあり まったく力が入らず うまく打てませんでした。
貴重な体験を どうもありがとうございました。

DSCN0313_104.jpg
棟梁にバトンタッチをして たたいてもらいました。そのまま しばらく 上で見させてもらいましたが とのかく高い作業のなかで ダイナミックな大工さん方の動きにただただ 驚きと感動をしました。 

DSCN0324_115.jpg
次はタイコ梁が上がりました。

DSCN0327_118.jpg
ガッチリと組まれ 大栓が打ち込まれました。

DSCN0336_127.jpg
棟木などが上がりました。

DSCN0339_130.jpg
見事な牛梁です。よろしくお願いします と頼みました。

本日は無事に 作業が終了しました。
カケヤでの貴重な体験は忘れることのない素晴らしい思い出になりました。
快く 叶えて下さりありがとうございました。
天気が悪くなるようなので 養生をして最終日に備えました。






PageTop

建て方2日目 午前の部

二日間 家に戻らなかったので 遅くなりましたが
建て方2日目からをふり返らせていただきます。

DSCN0288_079.jpg
朝日にあたる大黒柱を見上げて 夢ではないんだ と感じました。

DSCN0291_082.jpg
昨日に引き続き どんどん作業が進みました。

DSCN0296_087.jpg
カケヤでたたくことを 叶えて下さいました。
想像以上にカケヤが重く 思うように力が入らず とても大変でした。
実現でき とても感動しました。 ありがとうございました。

この後 昼食になりました。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。