丈夫で長持ちする「木の家」をつくります

草野鉄男建築工房さんと荒木建築さんとTSウッドハウス協同組合さんとの連携した家造り、日々の生活をつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

解体1日目

本日 解体がはじまりました。
昨晩はなかなか寝付けず 今日の日を向かえました。
朝から小雨で 午後からは止みましたがとても寒い日でした。
解体屋さんのご好意で 必要な大きな家具などは出していただく
ことになっており あっという間に出され ガラスのついた建具
サッシが外され 想像以上に作業が早くて驚きました。

DSCN0032.jpg

解体開始です。

DSCN0033.jpg

ガラスを割りに割ります。

DSCN0035.jpg

すぐにこのような状態になりました。

DSCN0046.jpg

ボードをはがすと素晴らしい土壁 竹小舞の姿が現れました。

DSCN0050.jpg

竹とかやで細かく編まれています。
当時のままの姿で まだまだ健在です。
つくづく 昔の家づくりに感動しました。

DSCN0054.jpg

あっという間に本日はこのような状態になりました。
明日はかなりのホコリが出る作業のようです。
よろしくお願いいたします。

 
  
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。