丈夫で長持ちする「木の家」をつくります

草野鉄男建築工房さんと荒木建築さんとTSウッドハウス協同組合さんとの連携した家造り、日々の生活をつづります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

その2-2006.8~

ローンの審査をする為に 営業の方が登記簿を取ってきていたのですが
この 登記簿だと仮審査には出せません と言われました。?と思い
登記簿を見てみると 土地が消費者金融の抵当になっていました。
はじめて見る登記簿、抵当と意味すらも分からない私は その時は何が
何だか理解できず 父に借金があると言うショックだけが頭の中を駆け巡りました。
この事実を家を楽しみにしていた旦那や母にはすぐには言えませんでした。
二人に伝えたのは3週間後でした。ずっと隠していたことは 本当に悪かったと
思っています。旦那は怒らず 冷静に聞いてくれました。その優しさがとても
ありがたかったです。母は かなりのショックを受けたと思いますが気丈にも
前向きでいてくれました。A社には8月末でストップさせていただきました。
とのかく借金を解決しようと決め 本やネットで勉強し解決策を見つけ出しました。
色々な所に問い合わせやっと借金整理を得意としている司法書士さんと出会えました。
利息制限法に基づく債務整理をしていただき すべて終わったのが約1年後でした。
それからは 登記簿の抵当権抹消手続きや農転手続きなどをし2007.10月で
すべて完了しました。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。